全ての患者様のために

XYZ

『私はなぜ映画を見るのか?⑥』 史実が元になっている映画にはよくあるケースなのですけど、登場人物のその後がエンドロールで語られるのを読んで、本当にグズグズになるくらいまた泣いてしまいました。 つくづく思うのですけど、人間の持っている共感…

https://instagram.fctt1-1.fna.fbcdn.net/v/t39.30808-6/449749391_356979650754246_2848351447352389907_n.jpg?stp=dst-jpg_e15&_nc_ht=instagram.fctt1-1.fna.fbcdn.net&_nc_cat=106&_nc_ohc=4_odrw70QNwQ7kNvgFaGnPk&edm=AOQ1c0wAAAAA&ccb=7-5&ig_cache_key=MzQwNTgzODYzMTczOTM1MzQyMg==.2-ccb7-5&oh=00_AYDC8aToFP3NQtsTEPeCYcBLi2mf_OX57UJyGRfmm2nm8w&oe=668E7F60&_nc_sid=8b3546

『私はなぜ映画を見るのか?⑥』

史実が元になっている映画にはよくあるケースなのですけど、登場人物のその後がエンドロールで語られるのを読んで、本当にグズグズになるくらいまた泣いてしまいました。

つくづく思うのですけど、人間の持っている共感する能力は本当に素晴らしいものですよね。

俳優さんたちが演じている架空の(今回の映画はご本人がいらっしゃる訳ですけど)キャラクターの感情を共有することさえできてしまうのですから。

本日2本目の映画は『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』なのですけど、私が学生時代を過ごしたボストンの街が登場してきます。と言っても映画は1970年の設定ですので、私はまだ生まれていませんけどね。

『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督とポール・ジアマッティのコンビですから、まぁ面白くない訳がないのですけどね。アカデミー助演女優賞を受賞したダヴァイン・ジョイ・ランドルフが出てくると、画面が妙に生き生きしてくるとか、ペイン監督がハル・アシュビー監督を大好きで『さらば冬のかもめ』を下敷きにしたとか(私もハル・アシュビー監督作品が大好きなのです)そうなるとやっぱりアイス・スケートをするシーンが出てくることになる訳で、映画好きというか、ちょっとした映画オタクにはさらに楽しめる映画でした。

まぁでもですね。精神科医という職業的な見方というのは、どうしても何かを見るという行為に付随してきてしまうもので…映画の中盤以降、ずっとM・スコット・ペックの『平気でうそをつく人たち』のことを考えてしまっていたのです。

舞台となっている名門ハイスクールですけど、寄宿舎があって子どもたちは親と離れて生活をしている訳です。クリスマス休暇(アメリカでは、お盆と正月がまとめて来たような休暇です)に実家に戻れなかった子どもたちと、監督をすることになった教師、それから食事を作るコックの女性の関係や、それぞれの心が変化していく様子が映画の見どころなのですけど、実家に戻れなかった子どもたちいうのは、色々に複雑な事情を抱え込んでいるのです。

子どもを預けることで厄介払いする親もいる。「愛」がないのですけど…そう、きっとこの映画は「愛」についての映画だと思うのです。


To The Patientsをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP